「C-CORE3D(シーコアスリーディ)」とは、熱可塑性樹脂のファイバーが網状に絡み合い、立体に形づくられた構造体で、安全、かつリサイクルができる、環境に優しい新素材です。

C-ENG3D TECNOLOGY

C-ENG3D TECHNOLOGY

C-ENG3D TECNOLOGYとは?

C-ENG3D TECHNOLOGYは、株式会社シーエンジ社の保有する特許・ノウハウ・品質・プロセス等を象徴しています。

 

開発と技術

素材 ○C-CORE3D:食品容器にも使用されるポリエチレン100%。人と環境に安全素材です。
○NEO3D:ポリエステルエラストマー。
東レ・デュポン社のハイトレル®を立体網状構造体用に特別配合した高機能素材。
○その他:用途に合わせて、選定・開発。
構造 超極細繊維の立体網状構造体
10万個を超える素材の立体的な絡み合わせが、クッション材としての反発力を生んでいます。
90%以上が空気の通る隙間でできており、空気が層となり、断熱と通気を両立しています。
技術 独創的な製造技術により、素材の性質・性能を生かした多様な形状の製造に対応しています。
品質保証 クッション材としての機能を評価する為に、JIS基準試験と素材安全確認を行っています。

○JIS基準試験:密度、引張降伏応力、曲げ弾性率、繰り返し圧縮試験
○素材安全確認:食品衛生法(20条)、元素含有、燃焼試験
(素材は、ダイオキシン未発生素材のメーカー品を使用)

test_reports

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-065-350 受付時間 9:00 - 16:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社シーエンジ販売 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.